正義の味方って誰のことだろう

俺は子供の頃から「正義のヒーロー」というものに憧れていた。
弱きを助けってやつ。
戦隊ものでもなんでも良かった。
ドラえもんは正義の味方ではないなって子供ながらに感じていた。
だって、のび太を甘やかしてるだけじゃないかと俺は子供のくせに憤慨してたもんだ。でも、未来にはああいうドラえもんの道具があるかもしれないよと近所のお兄さんが言うもんだから自由研究にドラえもんの道具を選んだりもした。
うぅ、なんだか懐かしいな。
「女の子には優しくしなさい」「弱いものに暴力を振るってはいけない」「人には優しくしなさい」これは親からの教えだった。
だから間違ってもジャイアンみたいな奴にはならなくて済んだのかな?(笑)
俺の妻も正義感の塊みたいな奴で、女だけどカッコいいと惚れたわけ。
俺たちは晩御飯が済むとネットパトロールをするのが日課。
夫婦でひたすらスクロールしてるんだけど、最近はネット上の風紀が乱れる一方。
インターネットが普及し始めた頃はもう少し可愛いもんだったと思い出す。
そんな時、俺が見つけた出会い系サイトで女と何人も付き合ったというブログだ。書き手は出会い系サイトを駆使しては、可愛い子を見つけて何とか口説くというマイルド詐欺師みたいな奴で、真剣に出会いを求めている女の子を食い物にしてる。これは私たち夫婦に火を点けた。
なぜなら俺たち夫婦は、出会い系サイトを使って静岡県で本当に出会えた夫婦のひとりだからだ。
書き手を指示してるファンらしき人もいれば口説き方を教わろうとしている人もいて
やはり俺たちのように「それはおかしい」と注意する人もいた。
まずは一か月ほど静観(監視だけどw)していたら、案外良いヤツにも思えてくる出来事が書かれていた。
どうやら、会った女性に本気で惚れてしまったらしい。
途端に奥手になってしまった自分に驚いてそのことを相談するようなブログを書いていた。
もしかしてネタブログなのか?
と疑ってみたが、どうもリアルな悩みらしく
はじめてコメントしてみる事にしたんだ。
「ネタでしょ?」と失礼なコメントに返信がきた。
「そういう疑いは何度もされてきました。数年前には炎上ブログのような扱いでもありました。でも、何度でも言います。これは全部実話なんです」と。
炎上した頃のスレッドはまとめで読んで知っていたけれど
これ、どうする?と夫婦で悩んだ。
すでにいろいろなアドバイスは提示されているが当の本人が煮え切らない。
「好きなら好きって言うんだよ。女はそういうシンプルなのが一番好きなんだ」と妻がコメントしだした。
だって、あなたも私にそうしてくれたでしょ?だって。さすが出会い系で知り合ったうちの妻だと納得した。
二人の夜はこれからだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR